お問合せ Q&A リンク サイトマップ
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
画像診断科・核医学科放射線腫瘍科画像診断および放射線治療機器学会・研究研修案内入局・転科募集インタラクティブ画像診断コーナー医局員だより放射線科スタッフ
Home >> 学会・研究 >> 研究 >> 2015

 

 

学会・研究

業績

研究 2015年

 

論文(和文)

論文(英文)

 

 

論文(和文)

原著

  1. 山野貴史、髙橋健夫、西村敬一郎、上野周一、木谷哲、本戸幹人、村田修、清水裕次、大野仁司、渡部渉、長田久人、本田憲業.肺癌術後のCEA高値に対しPET診断ならびに放射線治療が有用であった一例.臨床核医学.48(4)52-55、2015

教科書、単行本、著書

  1. 髙橋健夫.多発性骨髄腫に対する放射線治療. ブラッシュアップ多発性骨髄腫(木崎昌弘編著)186-193、2015. 中外医学社

その他

  1. 本田憲業.特集8 胸部Ⅹ線写真診断.JCRニュース(日本放射線科専門医会・医会誌).205 22-23、2015
  2. 本田憲業.標準に基づく放射線部門システム:IHE放射線「予定業務流れ」改訂版(SWF.b)と、放射線データ交換規約Ver.3.0C.GE today -in Technology-.47 38-41、2015
  3. 本田憲業.“SOMATOM Definition Flash” from a radiologist’s point of view.  INNERVISION 30・11別冊付録 18-19、2015
  4. 本田憲業、長田久人、渡部渉、栁田ひさみ、中山光男、教山紘之、植松和嗣、大谷カタリーナ.講座 呼吸器疾患診断におけるCTの進歩 キセノン吸入CTによる換気分布の画像化.呼吸.34(12)1180-1186、2015
  5. 髙橋健夫. テーマ「画像誘導放射線治療の現状と今後の展望」. 川越市医師会報. 第149号 15、2016
  6. 本田憲業.《特集Ⅱ》平成27年度「医療放射線管理講習会」(第59回~60回)第Ⅱ部 医療現状における診断参考レベルの普及と活用.3-1.診断参考レベル設定の臨床での取り組み.医療放射線防護74 81-82、2015

このページのトップへ▲

 

論文(英文)

原著

  1. Kubo N, Noda SE, Takahashi A, Yoshida Y, Oike T, Murata K, Musha A, Suzuki Y, Ohno T, Takahashi T, Nakano T. Radiosenseitizing effect of carboplatin and paclitaxel to carbon-ion beam irradiation in the non-small-cell lung cancer cell line H460. J Radiat Res 56 (2): 229-238, 2015.
  2. Yoshida Y, Ando K, Ando K, Murata K, Yoshimoto Y, Musha A, Kubo N, Kawamura H, Koike S, Uzawa a, Takahashi T, Ohno T, Nakano T. Evaluation of therapeutic gain for fractionated carbon-ion radiotherapy using the tumor growth delay and crypt survival assays. Radiother Oncol 117 (2): 351-357, 2015.
  3. Shoji H, Motegi M, Osawa K, Okonogi N, Okazaki A, Andou Y, Asao T, Kuwano H, Takahashi T, Ogoshi K. A novel strategy of radiofrequency hyperthermia (neotherapy) in combination with preoperative chemoradiotherapy for the treatment of advanced rectal cancer. A pilot study. Cancer Med 4(6): 834-843, 2015.
  4. Shoji H, Motegi M, Osawa K, Okonogi N, Okazaki A, Andou Y, Asao T, Kuwano H, Takahashi T, Ogoshi K. Output-limiting symptoms induced by radiofrequency hyperthermia. Are they predictable?.  Int J Hyperthermia.  32(2):199-203. 2016.

 

 

このページのトップへ▲