お問合せ Q&A リンク サイトマップ
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
画像診断科・核医学科放射線腫瘍科画像診断および放射線治療機器学会・研究研修案内入局・転科募集インタラクティブ画像診断コーナー医局員だより放射線科スタッフ
Home >> 学会・研究 >> 研究 >> 2014

 

 

学会・研究

業績

研究 2014年

 

論文(和文)

論文(英文)

 

 

論文(和文)

原著

  1. 小高明雄、井上成一朗、別宮好文、長田久人、石田秀行、田村正徳.小児急性腹症の診断に対するMDCTの有用性と限界について.日本臨床外科学会雑誌.75(8):11-12、2014
  2. 山野貴史、髙橋健夫、西村敬一郎、上野周一、新保宗史、村田修、本戸幹人、木谷哲、大野仁司、渡部渉、長田久人、本田憲業.当施設における手術不能頭蓋内AVMに対する寡分割定位放射線治療成績.臨床放射線.59(13):1890-1895、2014

教科書、単行本、著書

  1. 河辺哲哉、長田久人、栁田ひさみ、大野仁司、渡部渉、清水裕次、上野周一、山野貴史、西村敬一郎、髙橋健夫、本田憲業.ヨード造影剤による小腸のangioedema.臨床放射線59(7):961-965、2014

総説

  1. 渡部渉、長田久人、大野仁司、本田憲業.特集 周産期における出血対策と輸血 母体出血対策 産科出血に対するInterventional Radiology.周産期医学.44(5)575-578、2014

その他

  1. 本田憲業.《特集Ⅱ》広報誌「医療放射線防護」70号発刊特別企画 福島原発災害から学ぶ「放射線教育の課題と展望」6.マスコミへの情報提供.医療放射線防護70 60-61、2014
  2. 渡部渉、長田久人、大野仁司、河辺哲哉、本田憲業、岡田武倫.産科出血に対するIVR  産後出血動脈塞栓術の実際.日本周産期・新生児医学会雑誌.50(1)2-4、2014
  3. 本田憲業、長田久人、髙橋健夫、新保宗史、松田恵雄.特集 第26回電子情報研究会報告 レポート作成を症例登録のきっかけにした画像診断ティーチングファイルシステムの構築.映像情報Medical.46(4)344-345、2014
  4. 本田憲業、長田久人、渡部渉.特集 Advantageを知る:超音波検査vs CT vs MRI 先天性気道・肺疾患.小児外科.46(7)699-704、2014
  5. 日本アイソトープ協会 医学・薬学部会、核医学イメージング・検査技術専門委員会本田憲業、福喜多博義、井上優介、大西英雄、小野口昌久、金谷信一、菊池敬、木田哲生、篠原広行、丸野廣大.)全国を対象とした「核医学検査における安全管理等に関するアンケート調査報告」第10報.RADIOISOTOPES.63(7)355-380、2014
  6. 長田久人.CASE OF THE MONTH.画像診断.34(8)937、2014
  7. 長田久人.7月号掲載のCASE OF THE MONTHの解答.画像診断.34(10)1242-1244、2014
  8. 栁田ひさみ.CASE OF THE MONTH.画像診断.34(10)1241、2014
  9. 大野仁司.CASE OF THE MONTH.画像診断.34(12)1373、2014
  10. 渡部渉、上野周一、長田久人、本田憲業.CASE OF THE MONTH.画像診断.34(13)1499、2014
  11. 栁田ひさみ.9月号掲載のCASE OF THE MONTHの解答.画像診断.34(13)1500-1502、2014
  12. 大野仁司.10月号掲載のCASE OF THE MONTHの解答.画像診断.34(14)1634-1636、2014
  13. 渡部渉、上野周一、長田久人、本田憲業.11月号掲載のCASE OF THE MONTHの解答.画像診断.35(1)110-113、2015

このページのトップへ▲

 

論文(英文)

原著

  1. Imaeda M, Ishikawa H, Yoshida Y, Takahashi T, Ohkubo Y, Musha A, Komachi M, Nakazato Y and  Nakano T.  Long-term pathological and immunohistochemical features in the liver after intraoperative whole-liver irradiation in rats.  Journal of Radiation Research 55(4): 665–673, 2014
  2. Murata K, Noda S, Oike T, Takahashi A, Yoshida Y, Suzuki Y, Ohno T, Funayama T, Kobayashi Y, Takahashi T and  Nakano T. Increase in cell motility by carbon ion irradiation via the Rho signaling pathway and its inhibition by the ROCK inhibitor Y-27632 in lung adenocarcinoma A549 cells. Journal of Radiation Research 55(4):658-664, 2014
  3. Shoji H, Motegi M, Osawa K, Okonogi N, Okazaki A, Andou Y, Asao T, Kuwano H, Takahashi T and Ogoshi K.  Does standardization of radiofrequency hyperthermia benefit patients with malignancies? Annals of Cancer Research and Therapy 22(1):28-35, 2014
  4. Shoji H, Motegi M, Osawa K, Okonogi N, Okazaki A, Andou Y, Asao T, Kuwano H, Takahashi T & Ogoshi K. A novel strategy of radiofrequency hyperthermia(neothermia) in combination with preoperative chemoradiotherapy for the treatment of advanced rectal cancer: a pilot study. Cancer Medicine 4(6):834-43, 2015
  5. Hatanaka S, Miyabe Y, Tohyama N, Kumazaki Y, Kurooka M, Okamoto H, Tachibana H, Kito S, Wakita A, Ohotomo Y, Ikagawa H, Ishikura S, Nozaki M, Kagami Y, Hiraoka M, Nishio T.  Dose calculation accuracies in whole breast radiotherapytreatment planning: a multi-institutional study.  Radiol Phys Technol doi: 10.1007/s12194-015-0308-3, 2015

総説

  1. Takahashi T.  Current Advances in Radiotherapy for Non-Small-Cell Lung Cancer: from Conventional Radiotherapy to Carbon-Ion Radiotherapy.  Journal of Clinical Oncology and Research 2(3): 1020, 2014.
  2. Takahashi T, Saitoh J, Shirai K, Nishimura K, Ohno T, Nakano T. Carbon-ion radiotherapy for non-squamous cell head and neck malignancies. Journal of Radiology & Radiation Therapy 2 (2): 1046, 2014

 

このページのトップへ▲